• HOME
  • コンセプト
  • 院長紹介
  • 診療時間・アクセス
  • 設備紹介
  • 診療の流れ

院長ブログ

2015年2月 3日 火曜日

アメリカの歯科医療の現状

福岡市、南区五十川、メディカルタウン五十川のモトキデンタルクリニックの理事長、石川です。

今日の話は、アメリカの歯科事情についてです。

日本では国民皆保険制度によって、国民は公的な医療保険への加入を義務づけられている為、全員が一部の負担金によって医療を受けることができます。しかし、日本以外の国では、個人で保険に入らなければ医療サービスを受けることが困難となっています。
理由は高額な医療費負担によるものです。

昨年のニュースでの話ですが、カナダ人のある夫婦が、妊娠9が月でのハワイ旅行を楽しんでいたところ、産気ずいてハワイにて出産入院となったのですが、そのカナダ人夫婦が入っていた保険の適応外と判断され、全額負担となってしまったというのです。
しかも、その額なんと。。。。日本円で、¥90,000,000。。。絶句です。。。

医療保険制度が日本と大きく異なるアメリカ。アメリカでは、加入の対象は限定されている。加入できるのは65歳以上の高齢者と障害のある人、それに低所得者層だ。国民の大半は民間の保険で対応する「自己責任」が原則。しかも公的な医療保険に入っていても、歯の治療には保険が適用されないことが多い。保険に入らないと歯の治療費は高額。歯のクリーニングにおよそ6500円。神経を処置する治療に7万円あまり。金属などをかぶせると、およそ8万円かかる。

 

そうしてみると、日本で医療を受けられるって幸せですね。
皆さん、予防と検診をしっかりと行うためにも、モトキデンタルクリニックに来院されてくださいね♫

http://www.nhk.or.jp/worldnet/archives/year/detail20120616_25.html

このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 医療法人徳治会 モトキデンタルクリニック

無料カウンセリング行っています お問い合わせは092-558-2884
治療について



住所
〒815-0001
福岡県福岡市南区五十川
2-26-6
医療モールメディカルタウン五十川内
診療時間
月~土:9:00~13:00/
14:30~19:00
※木、土~13:00まで
休診日
木曜午後・土曜午後
日曜・祭日

お問い合わせ 詳しくはこちら