• HOME
  • コンセプト
  • 院長紹介
  • 診療時間・アクセス
  • 設備紹介
  • 診療の流れ

院長ブログ

2015年3月17日 火曜日

うんちが人を救う???

こんにちは、MOTOKI DENTAL CLINICの石川です。

本日の話題は "うんち" です。。。笑

病気になるのも、太っているのも、臆病な性格も、じつは「腸」が原因だったという、嘘みたいだが、本当の話です。
腸の中に生息している1000種類、1000兆匹にも及ぶ細菌が、そのカギを握っているということらしい。。。

今まさに、医学の世界に「腸内フローラ革命」が起きようとしているというのです。。。腸内フローラ???なんだそれ???

腸内フローラとは、腸内に生息している細菌の生態系のことで、フローラとは「お花畑」を意味するらしく、花畑にさまざまな花が咲いているように、腸内にさまざまな細菌が生息しているイメージというのです。

人間は、胎内にいるときは無菌状態ですが、生まれてくるときから垂直感染で母体からの感染を受け、そこから様々な環境によって、様々な感染を受け、様々な腸内フローラができるといいます。

腸内細菌の中には、悪い働きをするものもいれば、良い働きをするものもいる。それぞれの菌がどのような働きをするか、これまでほとんどわかっていなかったが、技術革新によって膨大な細菌の遺伝子解析が可能になったことで急速に研究が進歩した。その結果、どの細菌がどのような働きをするのか、新たな事実がわかるようになってきていて、肥満。ガン、糖尿病、老化、うつ病と様々な現代病との関わりが指摘されています。

更に、腸には脳に次いで膨大な神経ネットワークがあり、"腸は第二の脳と"言われていることも驚きです。
「腸の状態が、脳に影響して性格などに変化を及ぼす可能性があるということです。腸の調子が悪い状態が続くと、脳の働きまで悪くなってしまうのです」(腸内細菌の世界的権威で、理化学研究所特別招聘研究員の辨野義己氏談)

「腸内フローラを調べて『あなたはこの菌が多いから、この病気になるリスクが高まっている』ということを知るための健康診断に使い、病気の予防に応用したいと思っています。リスクを減らすためにどんな食品を摂ればいいのかという研究も進んでくるはずです」

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/42461


なんて言われてさらに驚きですね。
皆さん、腸内環境興味湧いてきましたか???

 

ちなみに。。。
米・ボストンにあるOpen Biomeは、菌を研究している非営利団体。この組織が、なんとウンチを買い取ってくれるというのだ! 価格は1回の提供で40ドル、年間にするとおよそ13,000ドルにもなるんですって。。。笑



このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 医療法人徳治会 モトキデンタルクリニック

無料カウンセリング行っています お問い合わせは092-558-2884
治療について



住所
〒815-0001
福岡県福岡市南区五十川
2-26-6
医療モールメディカルタウン五十川内
診療時間
月~土:9:00~13:00/
14:30~19:00
※木、土~13:00まで
休診日
木曜午後・土曜午後
日曜・祭日

お問い合わせ 詳しくはこちら