• HOME
  • コンセプト
  • 院長紹介
  • 診療時間・アクセス
  • 設備紹介
  • 診療の流れ

院長ブログ

2016年2月22日 月曜日

金属アレルギーの恐怖。。。@南区モトキデンタルクリニック

こんにちは、MOTOKI DENTAL CLINICの 石川です。
久しぶりに、週末は晴天で気持ちの良い休日でしたね。。。笑。。。しかし、洗車しようと思いつつ出来なかったのが残念でした。

さて本日の話題は、金属アレルギーの恐怖というお話です。
女性の方は、
おしゃれでアクセサリーをつけてを楽しむものですが、金属のアクセサリーをつけてかぶれてしまう人は、「自分は金属アレルギーじゃないか?」と自分で気づきやすく、アクセサリーをつけることを極力控えることでしょう。

しかし、実は金属はアクセサリーだけでなく、歯科治療においても保険治療の補綴治療、つまり銀歯に使用されているのですが、その症状は様々でなかなか気づきにくいのが現状です。


歯科金属アレルギーの特徴
歯科治療では、詰め物やかぶせ物以外にも根の治療後につける土台や、ブリッジ、入れ歯などありとあらゆるものに金属が使用されています。この歯科金属アレルギー患者が日本で年々増加しているという報告があります。

①歯科金属がアレルギーの原因になっていても気づかれにくい

②保険の金属は口の中で錆びやすい

③長年入れていることで体内に蓄積される

④2種類以上の金属が入っているとアレルギーになりやすい

⑤口の中に炎症があると金属アレルギーが起こりやすい


その症状は、口の中・周囲だけでなく全身にも出る

口の中・周囲に出る場合は、唾液に溶け出した金属イオンが口の中や周囲にアレルギー反応を起こし、次のような症状が出ます。

口内炎・舌炎
口内炎が頻繁にできたり、舌に炎症を起こすことがあります。

口唇炎・口角炎
唇の周りが赤くただれたり、口の両端(口角)が赤く炎症を起こして切れたりすることがあります。

口腔扁平苔癬(こうくうへんぺいたいせん)
口の中の粘膜(特に頬っぺたの粘膜)に白い線状、レース状、網目状の模様が現れ、周囲が赤くただれます。触れるとピリピリ痛むことがありますが、無症状の場合もあります。

味覚障害
アレルギー反応が舌の表面の味の受容体(味蕾)に起こると、味が分かりづらくなることがあります。
全身に出る場合は、体に取り込まれた金属イオンが体内のタンパク質と結合してアレルゲンとなり、汗として排出されるときにその皮膚の表面でアレルギー反応を起こします。重篤化すると鎮痛剤も効かないくらいの痛みを伴う状態になることもあるようです。

掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)
掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)とは手のひら、足の裏に多数の膿疱ができる難治性の慢性炎症性疾患です。膿疱は数日で乾燥し、黄褐色となりぽろぽろと皮がめくれてきます。 爪にも膿疱が出来ることもあり、爪が分厚く変形したり、褐色に変色することもあります。掌蹠膿疱症は周りの人にうつることはありません。膿疱はウイルスや細菌によって起こるものではなく無菌性であるからです。また、家族で体質が似て発症することはありますが、遺伝することはないといわれています。


掌蹠膿疱症こういった症状がかなり多い気がします。

 

 

アトピー性皮膚炎、湿疹
アトピー性皮膚炎、いわゆるアトピーは、花粉症などのアレルギー疾患とともに増加しています。アトピー性皮膚炎の原因としてダニやハウスダストなどが有名ですが、意外に知られていないのが歯科材料(特に金属)です。一般的な治療を行っても、改善が見られない場合は、歯科材料が影響している可能性があります。アトピー性皮膚炎の治療は、現在もなおステロイド外用剤を中心とした対症療法ですが、最も大切なのは原因を見つけ出し除去する事です。

脱毛症
蓄積された金属が一定のアレルギー許容量を超えると、一気に髪の毛が抜けてしまうことがあることが分かってきています。銀歯による金属アレルギーから円形脱毛症を発症し、髪の毛がほとんど抜け落ちてしまったケースがあります。皮膚科で円形脱毛症と診断され、ステロイド剤による治療を行ないましたが、全く効果が出ず、別な医師による診断で、金属アレルギーであることが発覚し、お口の中の歯科金属を除去したところ、抜け毛が止まり完治に至ったというケースの報告があります。

実は歯科治療において使用する金属によるアレルギーは自覚されていないことが多く、医科でも認知されていない場合も多いので、上記のアレルギーの症状がある場合はお近くの皮膚科でアレルギーのパッチテストを行うことをお勧めいたします。

実際に歯科治療での金属が原因という方が多くいらっしゃるようですが、どこにいっていいのかわからないという方も多いとのことですので、心配な方は相談にいらしてくださいね。

実際には、金属を全て除去して、樹脂による詰め物もしくは、範囲が広ければセラミックによる被せ直しの治療となり、セラミックによる治療の場合は自費治療扱いとなりますが、金属の治療の大きさや範囲でも保険の範囲で行える場合とそうでない場合があるため、具体的には歯科クリニックにてご相談ください♫


南区で、歯科をお探しならモトキデンタルクリニックへどうぞ♫


このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 医療法人徳治会 モトキデンタルクリニック

無料カウンセリング行っています お問い合わせは092-558-2884

新着情報

一覧を見る

2017/08/31

<院内講習会開催のお知らせ>

『歯医者は 痛くなってからくるところ?』
人生最後の10年を寝たきりで過ごさないために
歯の健康を守る大切さを当クリニック院長・石川太樹が 解説します。
開催日 : 2017年9月20日(水)
開始時間 : 13:00
場所 : 当院セミナールーム
所要時間 : 1時間程

宜しくお願いします。

2017/07/24

<院内講習会開催のお知らせ>

『歯医者は 痛くなってからくるところ?』
人生最後の10年を寝たきりで過ごさないために
歯の健康を守る大切さを当クリニック院長・石川太樹が 解説します。
開催日 :2017年8月26日(土)
開始時間 : 14:00
場所 : 当院セミナールーム
所要時間 : 1時間程

宜しくお願いします。

2017/07/12

<院内講習会開催のお知らせ>

『歯医者は 痛くなってからくるところ?』
人生最後の10年を寝たきりで過ごさないために
歯の健康を守る大切さを当クリニック院長・石川太樹が 解説します。
開催日 : 2017年7月20日(木)
開始時間 : 14:00
場所 : 当院セミナールーム
所要時間 : 1時間程

宜しくお願いします。

治療について



住所
〒815-0001
福岡県福岡市南区五十川
2-26-6
医療モールメディカルタウン五十川内
診療時間
月~土:9:00~13:00/
14:30~19:00
※木、土~13:00まで
休診日
木曜午後・土曜午後
日曜・祭日

お問い合わせ 詳しくはこちら