• HOME
  • コンセプト
  • 院長紹介
  • 診療時間・アクセス
  • 設備紹介
  • 診療の流れ

院長ブログ

2016年7月 8日 金曜日

ガイデッドサージェリーってどんなオペ?@南区モトキデンタルクリニック

こんにちは、MOTOKI DENTAL CLINICの石川です。
今日は梅雨らしく、しとしとと雨が降って湿気はありますが、少し涼しくて昨日の暑さよりはマシですね。。。

さて本日の話題は、歯科界にもデジタル化の波が押し寄せているという、記事をこのブログでも紹介しましたが、その中でもとても重要な事として、インプラントのオペをデジタル化されたシステムで行うというガイデッドサージェリーというものがあります。
それはどういう事かというと、まず患者さんの口腔内の歯と骨の状態をCT検査(Computed Tomography:コンピュータ断層診断装置にて撮影します、その次にその撮影したCT画像をそのインプラントが適切に埋入できるかをインプラントオペ用のソフトにて診断します。
そこで、診断用ソフトにてデジタル化された情報をもとにサージカルテンプレートというインプラントのオペの時にソフトにて診断してシュミレーションした通りに1mmも狂うことなくインプラントの埋入ができる器具CADCAMにて作成して安全で確実なインプラントオペを行うことができるようになったのです。


 
 
 

 
   ガイデッドサージェリーの流れ

1)歯型を取って、歯の模型を作ります
2)模型を元に、歯が入った模擬的な状態を作り出したマウスピースを作製します
3)マウスピースを装着した状態で、歯科用CTでスキャンします
4)専用のソフトウェア「ノーベルガイド(NobelGuide)」を使って治療計画をシミュレーションします
5)シミュレーション結果のデータをノーベル・バイオケア社に送ります
6)ノーベル・バイオケア社でサージカルテンプレート(手術用のひな型)が製作されます
7)出来上がったサージカルテンプレートを装着し、ガイドに沿ってインプラントを埋入します

つまりガイデッドサージェリーとは、CTスキャンとコンピュータソフトウェアを使って正確なシミュレーションを行うインプラント手術システムであり、ガイデッドサージェリーの登場で、"より早く・より正確で・より安全"に治療することができるようになりました。

 

ガイデッドサージェリーによる安心安全なインプラントシステムにてオペのカウンセリングは無料で行っています。

インプラントについて、いろんな本や、マスコミの話で何を信じたらわからないという患者さんも最近多く見受けられますが、しっかりとした適応症を診断し、安全なオペを行えばインプラント治療は患者さんのQOL(生活の質の向上)の向上に必ず貢献できる素晴らしい治療法です。
まずはオペの方法、リスクについて、さらに患者さん自身の全身の状態を含めて相談してみてはいかがでしょうか?


 


南区で歯科をお探しなら、痛くない治療のモトキデンタルクリニックへどうぞ♫



このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 医療法人徳治会 モトキデンタルクリニック

無料カウンセリング行っています お問い合わせは092-558-2884

新着情報

一覧を見る

2018/04/09

【GWの休診のお知らせ】
2018年4月29日(日)・4月30日(月)
5月3日(木)~5月6日(日)は休診となります。

治療について



住所
〒815-0001
福岡県福岡市南区五十川
2-26-6
医療モールメディカルタウン五十川内
診療時間
月~土:9:00~13:00/
14:30~19:00
※木、土~13:00まで
休診日
木曜午後・土曜午後
日曜・祭日

お問い合わせ 詳しくはこちら