• HOME
  • コンセプト
  • 院長紹介
  • 診療時間・アクセス
  • 設備紹介
  • 診療の流れ

スタッフブログ

2015年6月30日 火曜日

歯磨きで落ちない汚れ

こんにちはモトキデンタルクリニックの井上です。
毎日雨で嫌な天気が続いていますがみなさんどうお過ごしですか。

毎日数回歯磨きをかなり丁寧にしても汚れは全体の半分程度しか落ちてない事をご存じでしょうか。
特に奥歯はハブラシの毛先が届かないと歯と歯の間の面積が広いためハブラシだけだと、どうしても間に汚れが残ってしまいます。

特に磨き残しが多い所は

①咬み合う面
②歯と歯の間
③歯と歯茎の境目

ですね。

歯と歯の間はデンタルフロスや歯間ブラシを正しく使用すると出血するかもしれませんが、これは歯周ポケットに汚れが溜まっていたことが原因なので、汚れが取れてくれば出血もなくなり心配することはありません。
しかし、しばらくデンタルフロスや歯間ブラシを使って、出血が続く場合は歯周病の可能性もありますので来院されて下さい。 

毎日磨いていても少しずつ磨き残しが重なり、汚れ(プラーク)が歯石になってしまうとハブラシだけではとれませんので、定期的に歯石取りに来られて下さい。

モトキデンタルクリニックでは、自分ではとれない汚れや着色も超音波スケーラーという機械で落として行きます。

ぜひ定期検診に来られて下さい。


このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 医療法人徳治会 モトキデンタルクリニック | 記事URL

2015年6月24日 水曜日

金属アレルギー

福岡市南区五十川2丁目 モトキデンタルクリニック野村です。

今回は、金属アレルギーについてです。

金属アレルギーとは、ネックレスやピアス、
アクセサリーなど肌に当たった所が
赤くなったりします。
他にも、手のひらや足の裏が主に荒れて
水ぶくれが出きる事もあります。


私のお友達も金属アレルギーなのですが、
日常でネックレスやピアス、アクセサリーなど
全く付けていないにも関わらず
手が荒れる症状がでていたのです。
その時は、原因がわからないままでしたが
ある日、お友達と同じ症状の患者さんが
モトキデンタルクリニックに来院されました。
その時の診察で、金属アレルギーでは
ないかと言うお話がでていました。

そこで、私は 歯科治療での金属アレルギー
がある事を知りました!

保険治療で金銀パラジウム合金を使った
被せ物や昔は水銀を使ったアマルガムを
詰める治療法もありましたが、
アマルガムは約50%の水銀を使っていて
体に悪い為 現在は、アマルガム除去の治療が
進んでいます。


金銀パラジウム合金もあなたの体に合っていない
場合は除去する事をオススメしてます。

高温多湿の口の中では劣化、腐食し、
水銀や金属イオンの小さな物質が
溶けてしまい体内へ吸収して
アトピー性皮膚炎といった皮膚症状や、
肩や首のこり・腰痛・ひじやひざの痛み・頭痛だけでなく、
不眠やイライラ、頭重、めまい、耳鳴り、アレルギーといった
症状を引き起こすことがあります。



保険治療の被せ物をした後で、
この様な症状が当てはまる人はいませんか?
色んな病院に行ったけど、なかなか治らず
今でも辛い症状が 続いている人はいませんか?

もしかしたら、口の中が原因かもしれません!


モトキデンタルクリニックでは、
金属アレルギーの方にも対応した
メタルを使わない詰め物、被せ物の治療を
行っています。



まれに噛み合わせの問題で被せ物を
したりしますが、
それ以外では、虫歯を作らない事が被せ物への
治療が避けられるはずです。



日々の歯磨きと定期検診で虫歯予防し
あなたの歯と体をいっしょに
守っていきましょう( ^ ^ )/


医療法人 徳治会 モトキデンタルクリニック


このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 医療法人徳治会 モトキデンタルクリニック | 記事URL

2015年6月17日 水曜日

8020運動

こんにちは、MOTOKI DENTAL CLINIC 白藤です。

みなさん、8020運動(はちまるにいまるうんどう)をご存知ですか?
「満80歳で20本以上の歯を残そう」という厚生労働省や日本歯科医師会により推進されている運動です。
なぜ、80歳で20本なのでしょうか...。
その理由は、 親知らずを除く28本 の歯のうち、 少なくとも20本以上自分の歯があれば、 ほとんどの食物を噛みくだくことができ、 おいしく食べられるということだからです。
大人の歯(親知らず以外)はだいたい中学生で生えそろいます。15歳くらいですね。
そこから仮に90歳まで生きるとすると、およそ75年間同じ歯で食事をしていかなければいけません...。

人間の永久歯は一度失ってしまうと再び生えてくることはありませんので、この長い年月の間歯を大事に大事に守っていかなければいけません!
歯がなくなってからも、入れ歯やインプラントなど治療法は様々ありますが、まずはご自分の歯でいつまでも食事ができるといいですよね。
"ハチマルニイマル"達成に向けて日頃のブラッシング、歯科医院での定期検診にお越しください。

MOTOKI DENTAL CLINIC では、治療が終了した方に3ヶ月〜4ヶ月ごとの定期検診をお勧めしています♪


南区で歯科医院をお探しの方は MOTOKI DENTAL CLINIC へ


 
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 医療法人徳治会 モトキデンタルクリニック | 記事URL

2015年6月 9日 火曜日

表情をも司る、歯

MOTOKI DENTAL CLINIC  の川口です

最近歳が、明けて2015年になったなぁ〜と思ったいたら
もう半年が、経ってしまいました。
歳を重ねる度に時間の経過が早く感じる、今日この頃です。
そして、初夏ですね。

前回、歯の役割(食べる為の道具)について書かせていただきましたが
今回は、顔の表情を作る、役割について書かせていただこうと思います。

表情を作る為には、顔の筋肉を、動かさなければ
"喜怒哀楽"の表情を、作ることは、できません。
体の筋肉は、動かさなければ,衰えてきます。
アスリートは、毎日トレーニングを行い、必要筋力を
衰えさせません。
食べるためには、歯と咀嚼するための、筋肉を動かす咀嚼筋が必要です。

咀嚼筋には、ミトコンドリアと呼ばれるエネルギーを生産する工場が、
筋繊維の間に他の骨格筋に比べ、ぎっしりと詰まってるそうです。
その為に持続性の運動を可能にするのです。
ガムを30分噛むのは出来ても
腹筋を連続30分するのは、苦しいですよね。
咀嚼筋はスタミナがあるのです。

歯が無くなると食べ物を、あまり噛めなくなり
噛めなくなると、筋肉が鍛えられず、衰えていきます。
衰えると、いうことは、筋繊維が細くなり脂肪変性が
起こり、筋力低下を引き起こし、顎の骨の変形、吸収も進行して
そして、噛むことがさらに しにくくなり、筋力低下が進みます。

筋肉が衰える事によって、骨の変形、筋繊維が細くなる
と、顔の形が、変わってきます。
『なんだか、昔に比べて顎が曲がってきた』
と、思われる方、益々、顔が歪んでいきますよ。

また、前歯がなくなると、恥ずかしくて歯を見せて
笑う事なんて、出来ませんよね。
(前歯がなくなると
皆さんは、すぐに治療にいらっしゃいますよね。 )
人前に出るお仕事の方
芸能人やら、モデルさん、ハリウッドスターやら
前歯は、特にキレイにされています。
でも、

前歯を守る為には、奥歯が必要です。
奥歯を守る為には、前歯が必要です。

歯があることで、自然な豊な表情をつくってくれます。
一番に いい笑顔がつくれますよね。

その笑顔を作る為に、MOTOKI DENTAL CLINICへ、いらっしゃってください。
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 医療法人徳治会 モトキデンタルクリニック | 記事URL

2015年6月 8日 月曜日

歯とタバコ


こんにちは、
MOTOKI DENTAL CLINICの山本です。
紫陽花の花の咲くこの頃
ですが、
皆様いかがお過ごしですか?

先日
勉強会に行って参りました。
そこで改めて歯と喫煙について理解を深めましたので、
お話致します。





タバコの煙には数千もの化学物質が含まれていて、
そのうちニコチンや発癌性物質などの有害物質は
200とも300とも言われます。

喫煙者は、お口が臭い・ヤニがついて汚いだけでなく、
歯周病(歯槽膿漏)にかかりやすいので、
更に治療しても治りにくい事が解っています。

ある統計データによると、
歯周病にかかる危険は1日10本以上喫煙すると5.4倍に、
10年以上吸っていると4.3倍に上昇し、また重傷化しやすくなります。
タバコを吸っていると歯肉の腫れや出血が見た目上抑えられ、
患者さん自身が歯周病に気づきにくくもなります。

実際に治療を始めても歯肉の治りは悪く(何をしないよりは改善はします)
手術を行ったとしても効果の現われ方が非喫煙者よりも低いのデス。
しかも、治療後経過を追っていくと、
喫煙者の歯肉は再び悪くなっていく傾向にあります。
どうしてこういう事が起こるのでしょうか?

タバコの煙に含まれる「一酸化炭素」は組織への酸素供給を妨げますし、
「ニコチン」は一種の神経毒で、血管を縮ませるので、
体が酸欠・栄養不足状態になります。
「ニコチン」は体を守る免疫の機能も狂わせますので、
病気に対する抵抗力が落ちたりアレルギーが出やすくなります。

更に
傷を治そうと組織を作ってくれる細胞の働きまで抑えてしますので、
手術後も治りにくくなります。
また、「ヤニ」という形で歯の表面に残っているので、
歯がザラザラしてバイ毒が張り付きやすくなるのはもちろん、
いつまでもお口の中や歯肉にニコチンが染み出しつづけることになるのです。

でも、安心して下さい。禁煙することで、
この危険性が下がっていくことも、研究の結果解っています。
「歯周病にかかりやすさ」は4割も減ります。
手術後の治療経過も禁煙者は非喫煙者とほとんど差がなくなります。

ちなみに他のの病気でも、
肺癌にかかる危険は
喫煙者では非喫煙者の4.5倍ですけど、
禁煙すると4年で2.0、5年で1.6、10年で1.4倍と着実に落ち着いてきます。

歯を治療しても、
結果がついてこないと残念だと思います。
喫煙者の方は、健康の為
禁煙を、
頑張ってみられて下さい。

歯でお困りの時は
MOTOKI DENTAL CLINICに
ご相談下さい。
お待ちしております。

 
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 医療法人徳治会 モトキデンタルクリニック | 記事URL

無料カウンセリング行っています お問い合わせは092-558-2884

新着情報

一覧を見る

2018/12/19

<年末年始の休診のお知らせ>
2018年12月28日(金)午後~2019年1月3日(木)まで休診です。
2018年12月28日(金)は13:00までの診療となります。

治療について



住所
〒815-0001
福岡県福岡市南区五十川
2-26-6
医療モールメディカルタウン五十川内
診療時間
月~土:9:00~13:00/
14:30~19:00
※木、土~13:00まで
休診日
木曜午後・土曜午後
日曜・祭日

お問い合わせ 詳しくはこちら