• HOME
  • コンセプト
  • 院長紹介
  • 診療時間・アクセス
  • 設備紹介
  • 診療の流れ

スタッフブログ

2015年10月27日 火曜日

銀歯について

だんだん冬に近づき寒くなってきていますがどうお過ごしですか ?
こんにちはモトキデンタルクリニック井上です。

今回は保険治療と自費治療(保険がきかない治療)についてお話します。
やっぱり、歯科にかかる上で費用の事を考える方も少なくないと思います。

自費治療は保険治療に比べれば時間もお金もかかるのですが、それは一人一人にあった
オーダメイドの歯を作るためには必要です。


銀歯にしていると

①口の中で目立つ 

話している時や笑った時に銀歯があると目立ちます。


②虫歯になりやすい

大人の虫歯の多くは歯と銀歯の隙間からできます。
それは歯の磨き方が悪いのではなく銀歯が劣化する事によって、
おこってしまいます。
お口の中は、アルカリ性、酸性、暑い、冷たいなど過酷な環境です。
銀歯は早く劣化してしまい歯との隙間から虫歯になります。
セラミックは陶器の一種なのでお口の中でも安心です。


③歯ぐきが黒くなる

金属の成分が歯や歯ぐきに溶け出して黒くなってしまいます。
人によっては、金属アレルギーを起こす方もいます。


④銀歯の下で虫歯が広がる

銀歯と歯はあまり接着しないので、とれないような形にしてはめ込んでいるので、
銀歯がとれた頃には虫歯が大きくひろがっています。


⑤銀歯の精度がが低い
銀歯は50年も前から作り方が変わっていません。


⑥銀歯は汚れが付きやすい。
銀歯の表面は見えない小さな傷が多くあり、その傷の中に細菌が詰まっていて、
歯ブラシで磨いてもとれずお口の中にベトベト感が残ってしまいます。


デメリットは費用が高い事ですが体のことや見た目、性能を考えると
やっぱりセラミックをおすすめします。


このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 医療法人徳治会 モトキデンタルクリニック | 記事URL

2015年10月23日 金曜日

歯医者の歴史

g

MOTOKI DENTAL CLINIC  の川口です

暑かった夏も、嘘のようにいつのまにか涼しくなって、秋めいてきましたね。
歳を重ねるたびに、時の流れが早くかんじるようになりました。
今年も後、三ヶ月ですね。

歯科も時代の流れとともに、いろいろと技術も進み日々進化を遂げています。
歯科は、いつの時代始まったのか、ふと思い調べて、みました。

さかのぼる事
紀元前5世紀頃のエジプトやローマなどから、はじまり

日本には
どこから来たのかは、いろいろと説があるようで、

中国経由の、漢学であったり、
ポルトガル、オランダ人によって伝わった、何番医学、蘭学の一科としてであったり
渡来してきた、外国人歯科医師に直接伝わったであったり、
日本人が、外国に渡り、そこで歯科医術を学んだのち、帰国して紹介した
など、諸説いろいろとあるようです。

初めて来日した,外国人の歯科医師は 1860年に横浜に来たそうです。

幕末から明治維新にかけて日本の歯科医療は、

1.口中医(一般の医者の修行を終えた後に口の中を専門としている医者)
2.開業歯科医
3.入れ歯を主に作製していた、入れ歯職人
4.抜歯を主にしていた、歯抜き職人
5.街頭で、歯薬売りと抜歯をしていた香具師

というもので,分業していたようです。

昔から、分業して、専門的に歯医者がいたとは、驚きでした。

そしていろいろ探していましたら、
昔の歯医者さんの写真が、ありました。
現代風で、なかなかの男前です。
昔にしては、斬新なヘアースタイルざっくりと巻いた襟巻き
着こなしも洒落てて、これまたびっくりでした。
高知県の歯医者さんだったそうです。
お名前を、織田信福(おだのぶよし)先生というそうです。
高知県に創業された歯医者は、今もあるそうです。
老舗な歯科医院ですね。

MOTOKI DENTAL CLINICも、歴史を刻み
老舗になっていけたらいいなぁ〜と思います。


このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 医療法人徳治会 モトキデンタルクリニック | 記事URL

2015年10月21日 水曜日

たばこについて・・・③



こんにちは。

先日、今年初のサンマをいただき、秋を感じております☆
MOTOKI DENTAL CLINIC 白藤です。




今回は、前回取り上げさせていただいた「たばこと健康」をもう少し詳しく、「たばこがお口に及ぼす影響」について書かせていただきます。


代表的なものに

・着色、ヤニの原因

・口臭

・歯周病の原因、悪化

があります。

では、それぞれ詳しく...

・着色、ヤニの原因
たばこに含まれるタールが、歯の表面に貼り着くことで起こります。
どのような色をしているか知るためには、ティッシュにたばこの煙を吹きかけると分かるそうです。
ヤニはふつうのブラッシングで落ちにくく、研磨剤の入ったザラザラした歯磨き粉を使うと、歯質も同時に削ってしまうため知覚過敏の症状が出てきます。

・口臭
たばこ自体の臭いはもちろんですが、上記のタールが歯に張り付くことで、さらにその上から歯垢(プラーク)、歯石が付着します。
歯垢や歯石には細菌がたくさん潜んでいるので口臭の原因となります。

・歯周病の原因、悪化
たばこに含まれるニコチンは、歯ぐきの内部まで入り込み、血管を収縮させて血液の流れを悪くします。そのため、炎症や出血、腫れなどの自覚症状が少なく、気付いた時には歯を支える骨まで溶かすほど進んだ、重症な歯周病になっている場合が多いことが特徴です。

現在たばこを吸われていて、ヤニ、お口の臭いや歯周病に悩まれている方は、ぜひ禁煙に挑戦してみてください!

MOTOKI DENTAL CLINIC では、歯垢、歯石、着色汚れをお掃除する PMTC も行っております。

このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 医療法人徳治会 モトキデンタルクリニック | 記事URL

2015年10月14日 水曜日

美味しくご飯を食べる

なので


こんにちはモトキデンタルクリニックの山本です。
食べる事が大好きなので、
今日は、
ご飯を美味しく食べれるようになるためのお話をします。

歯医者は歯が痛くなったら行く所だと、
思っている方が多いと思います。
というより、それが当り前だと思っていませんか?
私は、それだけとは思いません。

歯医者の仕事は、
ご飯を美味しく食べれるお口になるお手伝いをすることで、
身体を健康にすることだと思います。

歯は口の一部で、口は身体の一部に過ぎません。
歯は、ご飯を小さくするという役割を担っています。
ご飯をよく噛めば、食べ物は小さく、柔らかくなり、
容易に飲み込めるようになります。
よく噛んだ食べ物は、小さくて柔らかくなります。
 
胃に送られても、消化の効率がよくなります。
消化の効率がよいので、
腸での吸収がよくなります。
その結果、
まずお通じの具合がよくなっていきます。
そして、
胃腸が順調に働くので、胃腸の具合がよくなっていきます。
そうなると、
腸から送られるエネルギーの質も量も、よくなっていきます。
エネルギーがよくなるので、
少しづつ身体は健康になっていきます。

良く噛んで食べることには、
もう一つ、重要な要素があります。
人間の脳には、満腹中枢という機能があります。
食事を始めてから、
10分から15分ぐらい経つと、この満腹中枢が働きます。
『お腹が一杯だよ』という信号を出すのです。
そうなると、食欲が減り、
食事が進まなくなります。

ここで、問題です。
制限時間が10分でご飯を食べるとき、
一口あたり5回噛むのと、30回噛むのでは、
どちらが沢山ご飯を食べれるのでしょう?
言うまでも無く、
一口あたり5回しか噛まない方が、量を食べれます。

その結果、
我々は気づかないうちに、適切な量以上のものを食べている事になります。
そして、今の日本人の多くは、30回も噛んでいません。
つまり、噛む回数が少ないと、食べ過ぎてしまうのです。
逆を言えば、一口あたり30回噛むことができれば、
常に適切な量を食べれることになります。
我々の身体は、実に良くできているのです。
 
良く噛めば、ご飯を適切な量を食べれるので、
胃腸の仕事は更にはかどります。
適切な量を食べるから、胃腸は無理をしない。
良く噛んで、食べ物が柔らかく、細かいので、消化も吸収もいい。
消化も吸収もいいので、身体に適切なエネルギーを送れます。
適切なエネルギーが常に送られるので、
身体はドンドン健康になって生きます。

『腹八分目に病なし』というのは、こういう状態を指します。
 この諺は、食べるのを控えめにしろという意味ではないのです。
よく噛んでご飯を食べれば、
適切な量を適切な方法で取ることができ、
身体の調子もよくなるということなのです。
言い換えると、ご飯を美味しく食べれれば、身体は健康になるのです。
何より、ご飯は美味しく食べる方が、いいに決まっています。
 
当院では、虫歯を治し、歯周病を治し、そして様々なお口のトラブルを治すだけでなく、
皆さんが、ご飯を美味しく食べれるようになるための、お手伝いをしております。
MOTOKI DENTAL CLINIC


このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 医療法人徳治会 モトキデンタルクリニック | 記事URL

無料カウンセリング行っています お問い合わせは092-558-2884

新着情報

一覧を見る

2018/12/19

<年末年始の休診のお知らせ>
2018年12月28日(金)午後~2019年1月3日(木)まで休診です。
2018年12月28日(金)は13:00までの診療となります。

治療について



住所
〒815-0001
福岡県福岡市南区五十川
2-26-6
医療モールメディカルタウン五十川内
診療時間
月~土:9:00~13:00/
14:30~19:00
※木、土~13:00まで
休診日
木曜午後・土曜午後
日曜・祭日

お問い合わせ 詳しくはこちら