• HOME
  • コンセプト
  • 院長紹介
  • 診療時間・アクセス
  • 設備紹介
  • 診療の流れ

院長ブログ

2015年2月27日 金曜日

想像を絶する大きさ

こんにちは、モトキデンタルクリニックの石川です。

今日の話題は、"太陽の120億倍の大きさ"
ナンノコッチャ???

太陽の120億倍の大きさのブラックホールが見つかったというお話です。

ちなみに皆さんは、地球と太陽の大きさはどのくらい違うかご存じでしょうか?直径で1:109 質量だととんでもないですね。

それの120億倍。。。途方もなくて理解できませんね。。。笑
しかしこの記事で述べているのことは、ブラックホールの成長の早さという。。。
「今回見つかったのは、過去最大のブラックホールというわけではない。ただし驚くべきはその成長の早さだ。ビッグバンからわずか8億7500万年(宇宙の歴史全体のうち最初からわずか6%の時点)」

わずか、8億7500万年って。。。BIGジャンボ宝くじの6億円ですら見たこともないのに。。。苦笑
ここでまたびっくりな話は、ブラックホール自体は光さえ吸い込んでしまうため観測できないということだ。。。クエーサーと呼ばれる、極めて遠くで光を放つ天体がの光が、ブラックホールに吸い込まれることによって、本来観測できないブラックホールを観測できるそうだ。。。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150226-00010003-nknatiogeo-sctch

https://www.youtube.com/watch?v=nSvMBd0Y7mE

なんとも不思議な、途方もない、理解できたような、できないような話ですね。。。
我々人間の活動なんて、とってもちっぽけな話に聞こえますね。
ましてや、歯科の世界なんてさらに小さな世界の話。。。小さすぎてどーでもいい話ですね〜〜。。。

とはなりませんよ!!!この世は相対の世界ですから、大が成り立つのは、小があるからに他なりません。
モトキデンタルクリニックは、小さな世界を極めるために日々努力し、患者さん満足のために頑張っております♫

小さな虫歯も、見逃しませんからねーーーー!!!eye
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 医療法人徳治会 モトキデンタルクリニック | 記事URL

2015年2月26日 木曜日

デトックス

こんにちは、モトキデンタルクリニックの石川です。

昨日はブログを更新しようと思ったら、通信障害でインターネットが繋がらずに、仕方なく断念いたしました。。。苦笑
しかし、昨日思ったことは、クリニックのBGMもインターネットラジオでつないでいるために、クリニック内はシーンと静まり返り、歯科用タービンの音と、スケーリングの音だけ。。。なんだか味気ない空間でしたし、ブログの更新もできないし、クリニック内のLANも繋がらずに困った状態がしばらく続きました。。。文明の利器とは素晴らしい反面、失うと,こうも困ってしまうのかということですね。。。アナログ時代に生まれ育ちましたが、今やそのほとんどがデジタルになっているために、利便性とともに失っていくものも沢山ありそうですね。
皆さんは、そんなこと感じたことはないですか?

かなり、前置きが長くなりましたが、今日の話題は"デトックス"
最近は、ファスティングだの、デトックスだの、アンチエイジングだの横文字だらけでわかりにくいですが(笑) ようは、解毒ですね。

基本的には、大、小の便通、発汗、その他に沈黙の臓器、肝臓の解毒ですね。

僕は、毎日ではありませんが、スポーツジムに行って、筋肉トレーニングと、ストレッチなどを行っていますが、大好きなお酒は量はまちまちですが、毎日飲みます。。。笑
そこで、肝臓機能を低下させないようにデトックスを行うようにしたいと思うわけですが、その方法というのは食事によるデトックスです。

■肝臓をデトックスしてくれる食品6個


■1:レモンジュース
朝起床してすぐに、ホットレモンウォーターを飲むと、肝臓が起きるといいます。レモンは神経とホルモンを活性化させ、肝臓と消化機能を良くしてくれます。動きの遅くなった内臓を良くしてくれるので、疲労が残っていたり、身体が重く感じたりする時は積極的に飲んでみましょう。
■2:キャベツやブロッコリー
キャベツやブロッコリーにはグルコシノレートという成分が含まれます。グルコシノレートは硫黄を含みます。そのため、肝臓をダメージや毒素、過剰なホルモンの放出から守ってくれます。
■3:ターメリック
カレーの黄色い成分であるターメリックには、抗炎症効果があります。ターメリックの抗炎症効果は全身に効くため、肝臓のウイルスや空気感染から守ってくれます。
■4:水分
水だけでなくお茶やハーブティーでも効果はあり、肝臓に蓄積した毒素を排出してくれます。水分が体内に不足すると、胆石になりやすくなり、肝臓に負担がかかります。
■5:亜鉛
亜鉛は体内を正常に動かすために絶対になくてはならない成分です。とくに、肝臓でアルコールや毒素を分解する時に必要です。お酒を飲む際には、一緒に亜鉛を摂取すると、肝臓に負担をかけずにアルコール分解を早めてくれます。
■6:メチオニン
メチオニンは体内のアミノ酸のひとつで、肝臓疾患を治療する薬として処方されています。肝臓をデトックスする際に必要不可欠な成分です。肝臓を守ってくれるので、摂取するようにしましょう。
メチオニンが多く含まれる食べ物は、鶏肉、牛肉、マグロ、カツオ、チーズ、大豆食品、牛乳です。
 

皆様、お試しあれ♫
休肝日作らないとですね。。。笑

 

 
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 医療法人徳治会 モトキデンタルクリニック | 記事URL

2015年2月24日 火曜日

歯は1日3回磨かないといけないのか?

こんにちは、モトキデンタルクリニック石川です。

春一番がやってきたかと思えば、今度は黄砂が飛来してきているようで、福岡市内も霞んでいますね。

さて、今日話題は、歯磨きは1日3回するべきか?というお話。
モトキデンタルクリニックのスタッフのブログにもひつこく歯磨きや、歯周病の話が出てきますが、PCRと言って、プラーク、コントロール、レコードという検査をしますが、簡単に言うと歯の表面に汚れが付いていない方がいいわけですから、パーセンテージが低ければ低いほど、良いということになります。

歯科医院の一般的目標数値は、『20パーセントを切ること』となっているようです。
主にPCRの悪い患者さんのブラッシングの指導をさせていただいていますが、『歯磨きは床磨き』と教えています。
どういうことかと言いますと、床磨きの時は、雑巾で端から端まで、拭きこぼしがないように順序良く拭いていきますよね?
歯磨きも同じく、右上か、左下かどこからでもいいのですがスタート地点を決めて、そこから一本一本丁寧に磨き残しのないように、順番に磨くことを教えています。
最後に、自分で確認する一番のポイントは、自分の舌で全ての歯牙を舐めて見てツルツルしているかどうかが、磨けたか磨けてないかの判定となります。

時間をかけて磨いても、舐めた時にザラザラしていたら、磨けていない証拠です。ツルツルするまで、しっかりきちんと磨きましょうね。
そのために、モトキデンタルクリニックでは、2回磨きを推奨しています。
1回目は歯磨き粉を助けずに磨いて、ツルツルになったら、清涼感と仕上げのために(再石灰化)歯磨き粉を使って磨くと必ず20パーセント切る、ある程度合格点の結果が出ること間違いありません!!!笑
さらに、この2回磨きをやれば、1日3回歯磨きをする必要はないと思いますし、これだけしっかり磨けばなかなか歯垢もつきにくいようです♫しかし、やはり唾液の分泌の低下する夜は必ず磨きましょうね。

デンタルトリビアなる記事がありましたので、紹介いたします。
http://news.livedoor.com/article/detail/9809505/?fb_action_ids=887309461314524&fb_action_types=og.recommends&fb_source=other_multiline&action_object_map=%5B861158240594335%5D&action_type_map=%5B%22og.recommends%22%5D&action_ref_map=%5B%5D

この"2回磨き"指導を受けてみたい方は、是非モトキデンタルクリニックい来院ください♫
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 医療法人徳治会 モトキデンタルクリニック | 記事URL

2015年2月23日 月曜日

ドライマウス。

こんにちは、モトキデンンタルクリニックの石川です。
昨日は、春一番がふいたみたいですね。
もうすぐ春の予感がします。。。笑

今日の話題は、"ドライマウス"です。

ドライマウス、聞いてそのまま、乾いた口ですね。。。笑
最近モトキデンタルクリニックにも、数名の女性の方が同じような症状で来院されています。
その症状は、口が渇く、舌がピリピリする、頬粘膜がカサカサする。。。などなどの症状ですが、
その方々の生活習慣や、常習しているサプリメント、生活環境などが影響していると考えられます。
ご高齢の患者さんに関しては、加齢による、唾液分泌の低下、筋力の衰えなどもあるようです。

主な原因は3つあると考えられています。

1) ストレス:現代社会は「ストレスの時代」と言われて久しいのですが、日々の会社や、人間関係のストレスなどにより、唾液の分泌は低下します。

2) 薬の副作用:最近多いのが、薬というより健康のために飲んでいる「サプリメント等」最近の新聞やマスコミでも話題になっているのが、健康ブームに乗っかる過大広告と質の悪いサプリメントの服用により、唾液の分泌障害や、歯石がつきやすいなどの副作用として現れます。

3) 老化に伴う筋力の低下:唾液の分泌は筋力にも関係しているため、加齢による筋力低下で唾液の分泌は低下します。

――ドライマウスかどうかは、どう判断すればよいですか?

 以下の項目に多く当てはまるほど、ドライマウスの可能性が高まります。

1 口の中がネバネバする
2 口の中の乾きが3カ月以上毎日続いている
3 乾いた食物は水分がないと飲み込めない
4 水をよく飲む
5 夜中に起きて水を飲む
6 口臭がある
7 義歯で傷つきやすい
8 頭頸部の放射線治療を受けている(または受けた)
9 化学療法を受けている(または受けた)
10 ひどくショックを受けることがあった
11 緊張してイライラすることが多い
12 職場や家の中で悩むことが多い
13 更年期症状が気になる
14 抗圧剤、抗うつ薬、利尿剤などの薬を飲んでいる

など、 人によって異なりますが、3ヵ月以上口の渇きがずっと続いていたら、受診の目安だそうです。

ドライマウスを放置すればどうなるのか。唾液が減少し、口腔内の自浄作用が不良となることで虫歯や歯周病のリスクは高くなります。人によっては唾液が枯渇することで舌がこすれて痛くなる方もいらっしゃいます。高齢者にとっては肺炎のリスクが上がる致命的な要因の1つですので、注意が必要です。
心当たりがある方は、早めの来院をしましょうね♫

http://diamond.jp/articles/-/59830

 


このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 医療法人徳治会 モトキデンタルクリニック | 記事URL

2015年2月21日 土曜日

「子供の歯の強さは、生まれる前に決まってしまう?」

こんにちは、福岡市南区モトキデンタルクリニックの石川です。

今日の話題は、子供の歯の強さは、生まれる前に決まってしまうのか?


子供の歯は、生える前にある程度の強度が決まるようです。妊娠中に胎内で乳歯の芽ができ始めるのは7週あたりからで、、歯の形成に必要な栄養素をバランスよく摂ることが、子供の強い歯を作ると言われています。
歯の形成にはたんぱく質、カルシウム、リン、ビタミンA・C・Dが必要とされています。そのため妊娠中は量より質を心がけ、偏りなくバランスの取れた食事を摂ることが大切だそうです。

ここで思うのは、妊婦の頃の栄養学も歯科でしっかりと、患者さんに教えていかなければいけないと思いました。

生まれる前から、強い歯を作る栄養学を学び、生まれて歯が生えれば、仕上げ磨きを覚え、無傷な永久歯を作り上げ、しっかりとした歯磨きを習慣ずけるという過程に、歯科医としてお母さんお父さんと共に責任重大だなぁと思います。

スタッフと一緒に、まだまだ勉強して、患者さんに伝えるべきことは沢山あるようです。。。笑

是非なんでもご相談にいらしてください。
スタッフ一同、笑顔でお待ちしています♫

http://news.mynavi.jp/news/2015/02/19/385/

 


このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 医療法人徳治会 モトキデンタルクリニック | 記事URL

無料カウンセリング行っています お問い合わせは092-558-2884

新着情報

一覧を見る

2018/12/19

<年末年始の休診のお知らせ>
2018年12月28日(金)午後~2019年1月3日(木)まで休診です。
2018年12月28日(金)は13:00までの診療となります。

治療について



住所
〒815-0001
福岡県福岡市南区五十川
2-26-6
医療モールメディカルタウン五十川内
診療時間
月~土:9:00~13:00/
14:30~19:00
※木、土~13:00まで
休診日
木曜午後・土曜午後
日曜・祭日

お問い合わせ 詳しくはこちら