• HOME
  • コンセプト
  • 院長紹介
  • 診療時間・アクセス
  • 設備紹介
  • 診療の流れ

院長ブログ

2015年10月17日 土曜日

ダリの愛したレストラン♫

こんにちは、MOTOKI DENTAL CLINICの石川です。

朝夕の冷え込みが益々秋の深まりを感じる今日この頃ですが、この時期に風邪を引きやすいので、皆様お体ご自愛くださいね。

さて、スペインの旅も終盤に入りダリ美術館の写真、楽しんでいただけましたか?
最後は、ダリ美術館を後にした僕ら夫婦は、ダリが毎日通ったと言われる、フィゲラスの小さなホテルのレストランへとランチをいただきに参りました。。。笑

その名は、HOTEL DURAN & RESTRANといって、小さなお洒落なホテルです。

ランチは12時45分からということでしたが、早めに着いた僕らはロビーのソファーでゆっくりとオープンを待ちます♫


ロビーの壁には、ダリが書いたかわいい絵がはめ込んであり、まさにこのホテルのシチュエーションで絵になります。

ダリがこのホテルでどういう風に、どんな人たちと交流を深め、どんなものを食べ、どのように笑っていたのかを想像すると、同じ空間にいることが不思議でした。
年配のご婦人がレストランの責任者のような人と立ち話の後、ソファーに腰掛けくつろいでいましたが、もしかして生前のダリをご存知なのかも知らないほどのお年だったので、想像はさらに膨らみます♫


そうこうしていると、12時45分ぴったりにレストランの中へと案内されました。
 


決して新しくはないレストランの佇まいの中、伝統的なタイルの柄や、モザイクの絵が飾られ、ベネチアンガラスのようなガラスでできたシャンデリアがこのレストランの空気をコンザバかつ、モダンな雰囲気に仕上げているようでした。
早速ランチ、24ユーロとビールを注文し、ゆっくりとランチを堪能します。
 


前菜、メイン、デザートと楽しみましたが、どれもとても美味しく、ダリが足繁く通ったと思うと感慨深く、味わいも深く感じるのでした。。。笑
 

鶏肉とチーズのサラザ♫焼いたチーズと新鮮な野菜が最高でした♫


きのこのスープ♫この中にポーチドエッグが入ってる、アッツアツのスープ、絶品でした♫


山鳥の料理、柔らかくてジューシーでこれまたワインに合う♫


パエリアのようなジューシーご飯♫ 締めにいい感じです。

レモンのシャーベット♫ さっぱり美味しい。
 

パイナップルのシロップ漬け、とミントのジュレ♫ 抹茶かと思っっtら、ミントだった。。。笑
これで、二人で60ユーロ♫ 十分お腹一杯でした。
観光客相手のなんちゃって料理かと思いきや、料理も手抜きなく、地元の方々も続々と来店し皆さんゆっくりとランチを楽しんでいました。

スペインのフィゲラスという町ですが、ここにダリが生まれていなければ一生来ることもない片田舎。。。小さくてお洒落な町でした。
ダリが愛した街全体と言えば、大袈裟ですがフィゲラスという町を半日ですが楽しむことができました。
帰りの電車は、夫婦二人で爆睡していたのは、言うまでもありません。。。笑






南区で、歯科をお探しなら、モトキデンタルクリニックへどうぞ♫
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 医療法人徳治会 モトキデンタルクリニック | 記事URL

2015年10月10日 土曜日

ダリ美術館内部へ♫

こんにちは、MOTOKI DENTAL CLINICの石川です。

いよいよダリ美術館の中へ!!!凡人の僕に理解できそうにありませんが、ダリの脳みその中を覗きに行きたいと思います。。。笑

ダリは1904年5月11日生まれで、1989年にフィゲラスのダリ劇場美術館に隣接するガラテアの塔で、心不全により死去。85歳没。フィゲラスで生まれ、フィゲラスで没したという意味でフィゲラスは"ダリの町"といえるのでしょうね。

30代前半、仕事や人生に悩んでいた頃、東京の三越でダリ展で、ある絵の前で1時間以上絵と対話していたのを思い出します。
今回その絵には出会えませんでしたが、15年以上前の気持ちを思い出していました。
なんだか感慨深いです。。。

朝一番だったので、人は少ない少ないのかなぁと思っていたら、大学生から、それこそ子供連れから、老人クラブまで老若男女がずらりと開場を待ちわびていたのでした。。。笑
 

入り口から入ってすぐに、たくさんの人がガイドさんの説明に聞き入っていました。
いきなり、豊満な女性のブロンズがクラッシックカーの上にそびえ立っています。。。笑

コロシアムのような作りの壁一面には金色のブロンズたちが手を広げて一斉にこちらに何か訴えかけています。

さらに中へ入ると、大きな壁画が出迎えてくれました。。。笑
なんとも不思議な光景ですね。。。

ミロのヴィーナスではなくて、ダリらしい作品ですね。

彫刻も独特の世界観を醸し出していますね。
壁に映った影が、また一段とダリの世界を広げているようでした。。。


これも、どういう発想でこんな絵を描いたのでしょうか。。。

ダリの世界は続きます。。。

この絵は実は絵ではなくて、立体空間にあるそれぞれの素材をある一点から、ルーペを覗き込むとこのようなちょっと不細工な女性の顔貌が見えるような仕組みになっている部屋の作品で、実にユニークな発想ですが、この女優はメエ ウェストですが、ダリとは仲のよい友達関係だったということですが。。。味のある作品ということにしておきましょう。。。笑

まだまだ、沢山の作品があったのですが、紹介すると終わらないのでこの辺りで。。。
次に向かったのが、ダリの手がけたジュエリーの作品群ですが、これも元はダリの絵をモチーフにして忠実にジュエリーとして具現化した作品です。。。一体いくらするのやら。。。
階段には鏡絵のダリがいつもの表情で待ち構えています♫

金とルビーにオパール、翡翠やエメラルドをふんだんに使った作品が光を浴びてキラキラと異彩を放っています。。。これまた女性はうっとりですね。。。笑
説明は省きますが、とくとご覧ください。作品によってはジュエリーがずっと動いているのもあります♫

 

 

 

 

 

 

いかがでしたか?素晴らしい作品の数々に、圧倒されっぱなしの僕ら夫婦。。。そろそろおなかがすいたので、ダリが毎日通ったというお気に入りのホテルのレストランが近くにあるということで、早速そこに行くことにしましたが、また長くなったので次回、ダリの愛したレストラン。。。お楽しみに♫






南区で、歯科をお探しならモトキデンタルクリニックへどうぞ♫


 


このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 医療法人徳治会 モトキデンタルクリニック | 記事URL

2015年10月 9日 金曜日

フィゲラスのダリ美術館へ列車の旅♫

こんにちは、MOTOKI DENTAL CLINICの石川です。

スペインはバルセロナの旅も終盤に入り、最後の観光はダリ美術館へ。。。
フィゲラスというバルセロナの中心地からスペインの国鉄であるrenfeという特急列車に揺られて、1時間30分ほどの田舎の町の中にダリ美術館があるのです。

その日は朝5時に起床し、7時21分、サンツ駅始発の急行列車に乗りフィゲラスへ。。。スリや、置き引きの事件が僕らの脳裏をよぎり、ドキドキしながらの列車の旅です。。。


流石に、朝一の列車なので、朝焼けが綺麗に見えます♫
 


壁の落書きも,日本ではない感じですね。。。笑
 


なんだかんだ言っても、5時起きで眠くて。。。でも駅に停車する度に人が乗車してきては、気になって眠れない二人。。。笑
しかし、1時間も揺られると、こっくり、こっくりと浅い眠りに。。。

窓の外はこんな田舎の風景です。。。
 


この風景は、日本にいてもなかなか観れるものではないですね。。。笑
 


そうこうしているうちに、フィゲラス駅に到着しました。
駅前には、可愛い魚の噴水があります♫
 


田舎にある小さな洒落た町並みが続きます。。。



途中の広場では、たくさんの人だかりが。。。朝市をやっています。
活気のある市場では、老若男女が新鮮な野菜や、フルーツ、はたまたハモンセラーノ、やお肉を求めてごった返しています♫
 

 


朝から、生ハムとワインでも♫って気分になりますね。。。笑



朝市の広場をすぎると、もうダリの世界が広がり始めました。
地面に描かれた、引き伸ばされたダリの自画像は金属でできた円筒形の柱に、正常な比率で映されています。。。面白い工夫の細工ですね。
 


小さな田舎町フィゲラスは、ダリが愛した町で、建物も石畳の道路も緑と調和した綺麗な町並みが続きます。
細い路地の一角にはカフェや、ブティックもあります。
 


いよいよ、ダリ美術館が見えてきましたが、フィゲラスの駅から徒歩10分ほどでしょうか、天気も良くて湿気のない気持ちのよい天気の中少し汗ばみながらようやく到着です。
 


なぜか、人物像の頭にはフランスパンが乗っかっています。。。ダリの世界の始まりです。。。笑
 


さて、いよいよダリの世界へ。。。と、長くなったので、続きは次回で。。。お楽しみに。。。笑
 

 

南区で、歯科をお探しなら、モトキデンタルクリニックへどうぞ♫
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 医療法人徳治会 モトキデンタルクリニック | 記事URL

2015年10月 6日 火曜日

CASA BATOLLO

こんにちは、MOTOKI DENTAL CLINICの石川です。

さて、スペインの旅も終盤に入り残すは後二つほどとなってまいりました。。。
しかし、写真を撮影したその数なんと1200枚ほど。。。自分でもびっくりしました。。。笑
というのもやはりそれほど魅力的なスペインのバルセロナの観光の面々なのだと実感いたします。


グエル公園の後は、軽く朝ごはんを近くのカフェで済ませ、1877年に建設され、タイルやステンドグラスの装飾が施された建物で、1904年から1906年にかけて、ガウディがこの邸宅の主である大繊維業者ジュゼップ・バッリョ・イ・カザノバスの依頼を受け改築を行ったというカサ バトリョへと向かいました.
カタルーニャ語ではカザ・バッリョーと発音するそうです。

 

CASA BATOLLOの前では、見学ツアーの人だかりができるほど大勢の行列が並んでいました。

 

入り口に入ると日本人用の説明様の器具を渡され、ヘッドフォンをしていざ見学へ♫

100年以上前に作られたものとは、到底思えないようなデザインの数々。。。ため息が出ます。
 

 

こんなデザインを100年前に考え、具現化したガウディーという人物は一体何者なのでしょうか?
もちろん、北斎や狩野派の絵師達は日本にはいましたが、ガウディーのデザインは22世紀でも通用しそうな気がするのは僕だけでしょうか。。。驚愕ですね。

今は個人の私有物で、拝観料でこの建物の維持費を賄っているそうですが、こんなところに住んでみたいものです。。。笑
 

 

 


部屋によって様々なテーマがあり、何時間でも居れる場所でした。
 


この空間で、昔の人はどんな生活をしていたのか思いをはせましたが、お洒落すぎてとても昔のものとは思えないのでなんだか不思議な感じでした。
 


ドアのデザインもさることながら、ドアに描かれた部屋の番号は、ガウディーオリジナルのフォントらしく、不思議な形をしていました。
 


廊下や、踊り場には自然光を取り入れる工夫がなされ、とても柔らかい明かりに包まれた優しい空間が広がります。
屋上に出ると、モザイクが施されたお城の塔のような建物がありましたが、バルセロナの青い空にとてもマッチしています♫
 

 

 


バルセロナの上空には、必ず飛行機雲がどこかに見つかり、隣国からの国際線が頻繁に飛び交う様子が印象的でした。
 

CASA BATOLLOの為にデザインされた家具の数々です。
この造形美も、曲線が美しく表現され、なんだか座るのが勿体ないくらいですね。。。笑
 

建物の細部にまでこだわった、デザインと曲線美の物語のような建築に妻と二人でため息が出っぱなしでした。
見学は少々高めでしたが、本当に見てよかったと思える空間でした♫








南区で、歯科をお探しならモトキデンタルクリニックへどうぞ♫


このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 医療法人徳治会 モトキデンタルクリニック | 記事URL

2015年10月 5日 月曜日

グエル公園へお散歩に。。。

こんにちは、MOTOKI DENTAL CLINICの石川です。

モンセラートの山に感動した僕らは、その後二日間の勉強会を終えたのちの次の朝9時に、グエル公園へと向かいました。

公園内は有料ゾーン、無料ゾーンがあり、無料ゾーンではいろんな方が散歩したり、ランニングをしたりと公園ライフを楽しんでいました♫

グエル公園有料ゾーンに入ると、バルセロナの町が一望できる高台がありこの日はあいにくの曇りの時間でしたが腫れていると海も見えてとてもいい景色だろうと思います♫

 

有料ゾーンでは団体の観光客が並んでましたが、朝一だったので比較的に空いていました。
 

やはり、そこかしこにガウディーのデザイン造形の奥深さを感じます。。。
 

この場所は、ガウディとグエルが、人々が自然と芸術に囲まれて暮らせる、新しい住宅地を作ろうとしたらしい。しかし、ふたりの進みすぎた発想と自然の中で暮らす価値観は、当時理解されなかったということで結局、広場、道路などのインフラが作られ60軒が計画されていたが、買い手がつかず、結局売れたのは2軒で、買い手はガウディ本人とグエイ伯爵だけであったという逸話があります。
 

 

 


ここでの、もう一つ人気のスポットが、モザイクでできたトカゲの噴水らしいので、早速撮影に行きましたが、普段は人ごみで全身の撮影は難しいということでしたが、僕らは朝一に行動したので見事に全身お撮影に成功しましたよ♫
 

 

そのお手ても、可愛かったりするのです。。。笑
 


シルバーウィークということもあり、人も徐々に増えはじめ、お腹も空いてきたので、ここでランニングもいいなぁ〜♫なんて考えながら、グエル公園を後にしました♫
 


このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 医療法人徳治会 モトキデンタルクリニック | 記事URL

無料カウンセリング行っています お問い合わせは092-558-2884

新着情報

一覧を見る

2018/12/19

<年末年始の休診のお知らせ>
2018年12月28日(金)午後~2019年1月3日(木)まで休診です。
2018年12月28日(金)は13:00までの診療となります。

治療について



住所
〒815-0001
福岡県福岡市南区五十川
2-26-6
医療モールメディカルタウン五十川内
診療時間
月~土:9:00~13:00/
14:30~19:00
※木、土~13:00まで
休診日
木曜午後・土曜午後
日曜・祭日

お問い合わせ 詳しくはこちら