• HOME
  • コンセプト
  • 院長紹介
  • 診療時間・アクセス
  • 設備紹介
  • 診療の流れ

院長ブログ

2016年2月29日 月曜日

筋肉を鍛えると、人生が変わる。

こんにちは、MOTOKI DENTAL CLINICの石川です。
週末は18度くらいに気温が上がり、このまま春に向かうのかと思いきや、月曜の朝は寒くてもしかしたら雪が降るとの予想。。。体調悪くなりますよ。。。笑

私事ですが、ジムに通うようになって6年が経ちまして、ウェイトトレーニングに、ランニングストレッチと自分なりのメニューを作り、ジムに行けば、それらを淡々とこなす。というジム生活を週に3~5日行っていますが、6年前と比べ体調はすこぶる良く体重は5キロほど減り胸囲は5センチほど増えウエストも5センチほど減り、もちろん体脂肪も8パーセントは減りました。。。

この1年はマラソンのレースに出場はしていませんが、その間、フルマラソン7回出場し、すべての回で記録更新をしたことが自慢ですが、それも今となっては昔とった杵柄というものだと思っています。
そろそろ、本格的に鍛えなおしてまたマラソン大会に出場しようかと考えている今日この頃ですが、最近読んだ本の中で
面白い本を読んだので紹介したいとおもいます。


自分の人生についてちゃんと考えている人は、未来の自分の健康のために、いま何を頑張ればいいかが分かっています。だからこそ、自分の筋肉に"投資"してなるべく若いうちから増やしておこうとするという内容の本です。

長寿時代を健康に生きるための理解力や知恵が大切

今後、超高齢化社会を迎えるにあたって、80歳、90歳を超えたお年寄りは昔に比べて年齢を感じさせない人が増えましたね。しかし、逆に寿命が延びた分、長い期間を寝たきり状態で過ごす人が増えているのも事実で、現時点での平均の寝たきり年数男性が7〜9年女性が12〜16年と単純に高齢化社会を喜べないということになります。
つまり、これからは高齢化社会をを健康に生きるため理解力知恵が必要ということなのです。

仕事を辞めたからといって家にこもるのは自殺行為

一昔前は、仕事では60歳で定年を迎え、隠居生活を数年送りお迎えが来るのを寝たきりで。。。なんて時代があったのかもしれませんが、平均寿命も伸び医学も進歩し、平均寿命が延びた今、余生と呼ぶにはあまりにも長い時間が余ってしまうのが現実です。

とはいえ、筋力が減るスピードがグッと速まってくる年齢なので、何もせず家にこもるのはほとんど自殺行為と同じです。「定年後こそ積極的に体を動かさなくてはならない」わけです。そのためには、定年後も「働くというカード」を失わないことがカギになるということになります。

年老いた「未来予想図」を描いてみる

30年後、40年後、長生きした自分は一体どのような生活をしているか?もしかすると、寝たきり要介護認知症になって、ろくに動けないまま、ベッドに縛りつけられているようなシーンをイメージする人もいるのではないでしょうか?

そうならないためには、筋トレをしておく必要があります。未来をイメージして、そこからの逆算発想で「いまとるべき行動=筋トレ」を導き出していく手法は、「なぜ自分はトレーニングをするのか」の理由をはっきりさせるためにも大変有効と書いてあります。

筋肉という人生の支えを失わないために

筋肉の大きな役割のひとつは「体を支えること」さらに、筋肉は「人生も支えている」のではないか?ということも事実なのではないか?ということです。
筋肉を減らしてしまうと、寝たきりや要介護になる危険がどっと高まります。そういう「自立できない状態」に陥ってしまったら、家族や周りの人にかかってくる迷惑や負担も半端なものではないと想像できますよね?
ですから、いまのうちから筋肉という人生の「支え」を失わないように気をつけていただきたいのです。自分のためだけでなく、家族や周りの人たちのためにも、体を支え、健康や若さを支え、人生を支えて、末永く自立した状態をキープしていこうではありませんか。

筋トレする人は、自分から人生の流れを変えていける

筋肉には「人を変える力」があると思っています。筋トレなどの運動には、「人を健康にする力」もあれば、「人を若返らせる力」「人を美しくする力」もある。現に、運動を習慣づけたことで、別人になったかのように変わっていった人を私は何人も見てきています。年々衰えゆく流れに果敢に逆らい、自分の人生の流れをよりよい方向へシフトしていくことだってできるのです。

上記の内容の、筋肉を鍛えて健康寿命を延ばす理由が書かれてある素晴らしい本でした♫

それに加えて健康な歯を維持すること、もしくは良好な状態の口腔内環境の維持を目指すことで、美味しく栄養を摂取し、大きな口を開けて笑い人生を豊かにすることで、平均寿命と健康寿命の差を縮め、更に人生の質をよくすることを目指しませんか?



南区で、歯科をお探しならモトキデンタルクリニックへどうぞ♫
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 医療法人徳治会 モトキデンタルクリニック | 記事URL

2016年2月24日 水曜日

妊婦歯科検診。。。@南区モトキデンタルクリニック

こんにちは、モトキデンタルクリニックの石川です。
昨日は診療が終了して、大名の歯科医師会館にて、妊婦歯科検診について蔵元ウィメンズクリニックの蔵本 武志(くらもと たけし)先生(http://www.kuramoto.or.jp/aboutus/c2_p2.html)に、妊産婦の妊娠から出産までの一連の流れ、妊婦さんの体のことはもちろん、メンタル面のケアーや、歯科治療の時期、使用できる薬のカテゴリーなどなどを60分ほどレクチャーしていただきました。

みなさん、仕事が終わってお疲れのところ、熱心に聞きってメモを取ったりしながら1時間お勉強を兼ねて、妊産婦についての歯科医院での対応や、妊婦歯科検診における手帳の扱いや、書類の書き方など実務的なお話までしっかりと頭に入れてきました。

うちのクリニックでもスタッフに妊婦さんがいたこともあり、経験のあるスタッフは実に頼もしいものですが、院長自身がしっかりと知ることでキチンとした対応をすることが大切だと思いました。
実際には以前は初診時に500円かかっていたのですが、今は福岡市妊婦歯科健康診査助成券というものを歯科クリニックで提出していただいてその書類があれば、無料で検診を受けることができますが、治療に移行することになれば一部負担金が発生するので、お間違いのないようにしてくださいね。


妊娠すれば、エストロゲンという女性ホルモンの働きが活発になり、歯肉炎を起こしやすくなったり、歯周病の悪化を招いたりとツワリによって口腔ケアーがおろそかになりがちになるということですので、妊婦の皆さんは、相談を含めて妊婦歯科検診をお受けくださいね。

ともあれ、妊婦の皆様、ご懐妊おめでとうございます♫


南区で、歯科をお探しならモトキデンタルクリニックへどうぞ♫
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 医療法人徳治会 モトキデンタルクリニック | 記事URL

2016年2月22日 月曜日

金属アレルギーの恐怖。。。@南区モトキデンタルクリニック

こんにちは、MOTOKI DENTAL CLINICの 石川です。
久しぶりに、週末は晴天で気持ちの良い休日でしたね。。。笑。。。しかし、洗車しようと思いつつ出来なかったのが残念でした。

さて本日の話題は、金属アレルギーの恐怖というお話です。
女性の方は、
おしゃれでアクセサリーをつけてを楽しむものですが、金属のアクセサリーをつけてかぶれてしまう人は、「自分は金属アレルギーじゃないか?」と自分で気づきやすく、アクセサリーをつけることを極力控えることでしょう。

しかし、実は金属はアクセサリーだけでなく、歯科治療においても保険治療の補綴治療、つまり銀歯に使用されているのですが、その症状は様々でなかなか気づきにくいのが現状です。


歯科金属アレルギーの特徴
歯科治療では、詰め物やかぶせ物以外にも根の治療後につける土台や、ブリッジ、入れ歯などありとあらゆるものに金属が使用されています。この歯科金属アレルギー患者が日本で年々増加しているという報告があります。

①歯科金属がアレルギーの原因になっていても気づかれにくい

②保険の金属は口の中で錆びやすい

③長年入れていることで体内に蓄積される

④2種類以上の金属が入っているとアレルギーになりやすい

⑤口の中に炎症があると金属アレルギーが起こりやすい


その症状は、口の中・周囲だけでなく全身にも出る

口の中・周囲に出る場合は、唾液に溶け出した金属イオンが口の中や周囲にアレルギー反応を起こし、次のような症状が出ます。

口内炎・舌炎
口内炎が頻繁にできたり、舌に炎症を起こすことがあります。

口唇炎・口角炎
唇の周りが赤くただれたり、口の両端(口角)が赤く炎症を起こして切れたりすることがあります。

口腔扁平苔癬(こうくうへんぺいたいせん)
口の中の粘膜(特に頬っぺたの粘膜)に白い線状、レース状、網目状の模様が現れ、周囲が赤くただれます。触れるとピリピリ痛むことがありますが、無症状の場合もあります。

味覚障害
アレルギー反応が舌の表面の味の受容体(味蕾)に起こると、味が分かりづらくなることがあります。
全身に出る場合は、体に取り込まれた金属イオンが体内のタンパク質と結合してアレルゲンとなり、汗として排出されるときにその皮膚の表面でアレルギー反応を起こします。重篤化すると鎮痛剤も効かないくらいの痛みを伴う状態になることもあるようです。

掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)
掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)とは手のひら、足の裏に多数の膿疱ができる難治性の慢性炎症性疾患です。膿疱は数日で乾燥し、黄褐色となりぽろぽろと皮がめくれてきます。 爪にも膿疱が出来ることもあり、爪が分厚く変形したり、褐色に変色することもあります。掌蹠膿疱症は周りの人にうつることはありません。膿疱はウイルスや細菌によって起こるものではなく無菌性であるからです。また、家族で体質が似て発症することはありますが、遺伝することはないといわれています。


掌蹠膿疱症こういった症状がかなり多い気がします。

 

 

アトピー性皮膚炎、湿疹
アトピー性皮膚炎、いわゆるアトピーは、花粉症などのアレルギー疾患とともに増加しています。アトピー性皮膚炎の原因としてダニやハウスダストなどが有名ですが、意外に知られていないのが歯科材料(特に金属)です。一般的な治療を行っても、改善が見られない場合は、歯科材料が影響している可能性があります。アトピー性皮膚炎の治療は、現在もなおステロイド外用剤を中心とした対症療法ですが、最も大切なのは原因を見つけ出し除去する事です。

脱毛症
蓄積された金属が一定のアレルギー許容量を超えると、一気に髪の毛が抜けてしまうことがあることが分かってきています。銀歯による金属アレルギーから円形脱毛症を発症し、髪の毛がほとんど抜け落ちてしまったケースがあります。皮膚科で円形脱毛症と診断され、ステロイド剤による治療を行ないましたが、全く効果が出ず、別な医師による診断で、金属アレルギーであることが発覚し、お口の中の歯科金属を除去したところ、抜け毛が止まり完治に至ったというケースの報告があります。

実は歯科治療において使用する金属によるアレルギーは自覚されていないことが多く、医科でも認知されていない場合も多いので、上記のアレルギーの症状がある場合はお近くの皮膚科でアレルギーのパッチテストを行うことをお勧めいたします。

実際に歯科治療での金属が原因という方が多くいらっしゃるようですが、どこにいっていいのかわからないという方も多いとのことですので、心配な方は相談にいらしてくださいね。

実際には、金属を全て除去して、樹脂による詰め物もしくは、範囲が広ければセラミックによる被せ直しの治療となり、セラミックによる治療の場合は自費治療扱いとなりますが、金属の治療の大きさや範囲でも保険の範囲で行える場合とそうでない場合があるため、具体的には歯科クリニックにてご相談ください♫


南区で、歯科をお探しならモトキデンタルクリニックへどうぞ♫
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 医療法人徳治会 モトキデンタルクリニック | 記事URL

2016年2月20日 土曜日

歯が折れた。。。@南区モトキデンタルクリニック

こんにちは、MOTOKI DENTAL CLINICの石川です。
2月に入って毎週末、雨に見舞われている福岡ですね。。。週末しか車を洗えない私には泥んこのマイカーが切ない今日この頃です。。。涙

さて本日の話題は、"歯が折れた"時です。。。

みなさんは、食事中にガキッという鈍い音とともに、口の中に硬い異物が。。。という経験のある方はいらっしゃいませんか?診療中の電話での問い合わせや、予約の内容でよく聞くのが、『
歯が折れた』『差し歯が取れた』という文言です。。。

流石に、こういう経験をされると、数年来歯科医院を受診していない方も、電話帳?回覧板?ネット?などの媒体で歯科医院探しをするようですね。。。流石に最近ではスマートフォンの普及率が著しく、スマホで検索をかけて、近くの歯科医院へお電話をして予約をしているのではないでしょうか?

そこで、
患者さんも、クリニック側も困るのが、今すぐどうにかしてほしい今から仕事で時間がないので折れた歯をつけるだけでいいと言われることです。。。

先日のブログでも書きましたが、
歯科医院での治療は簡単で短時間で済む治療は少なく、ましてや歯が折れたなどの症状の場合、それを修復する、または作り直すにはそれなりの時間がかかるのです。

例えば、折れた差し歯を一度折れた場所に戻して、その型を取り、レプリカ(複製)を作って仮に接着しなおして、後日きちんと本格的な治療に入るという手順でしか、その折れた歯の治療はできないのが実情です。


緊急の事態なので、もちろんなんとかしますが、実際にはある程度(1時間はかかります)時間がかかると思ってくださいね。
しかし、歯科の緊急事態ほど大変なことはないので、
そうならないように、定期検診を受けて普段から問題がないかどうかを定期的にチェックしてもらっていてくださいね。

そういう意味においても
定期検診は重要な予防的な措置だと思います。

ということで、歯が折れることのないように、歯科の定期検診を受けましょうね♫
モトキデンタルクリニックからのお願いでもあります。。。笑

 

南区で、歯科をお探しならモトキデンタルクリニックへどうぞ♫
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 医療法人徳治会 モトキデンタルクリニック | 記事URL

2016年2月18日 木曜日

歯科治療は、長くて高い???@南区モトキデンタルクリニック

こんにちは、MOTOKI DENTAL CLINICの石川です。
毎朝家を出て、通勤で通る道で子供達が横断歩道を渡るときに旗を持って誘導しているおじさんがいるのですが、雨の日も雪の日も猛暑の中でも同じ場所に立って子供達を見守っています。。。本当に頭が下がります。
それを見て僕もどんなときにも患者さんの役に立てる歯科クリニックでありたいなぁと思わされるのでした。。。

さて、本日の話題は歯科クリニックにある都市伝説を暴くシリーズ③ と題して、歯科治療は、長くて高い???

よく窓口で歯科の治療費が高いと訴える人がいますが、これは医科と比較した認識から出ていると思われます。
歯科医療費が高く感じるのは、1人あたりの治療時間が長く(医科平均9.5分、歯科平均22.7分)同時に複数の処置をするためだと思います。ちなみに医科1分あたりの治療費は歯科の2.8倍です。総医療費が上がっている中、歯科の総医療費の割合は2001年8.5%から2016年には7.0%まで下がり続けているという状況ですが、歯科治療費は医療費全体から比べてみても高くないというのが結論です。

ちなみに、歯科は治療時間が長いこれは、医科と比較してみましょう。

。。。医科の場合は、内診を受け診断してもらい、薬をもらうまでの時間で済むのですが、実際のところ治療時間は病院から家に帰って薬を飲んでから、自分の身体の中で薬とともに自己治癒力が働き治癒に向かうのです。。。

。。。歯科の場合は物理的に歯を削って、虫歯の部分を取り除く。。。樹脂を詰める。。。もしくは神経を取る。。。または、削った後に詰め物の型を取る。。。更に型を取ったら、石膏を型に流し、技工所で技工士がその型から、ワックスで詰め物の形を作り、鋳型に流し込み、それを調整して研磨して、それから、患者さんの口腔内に試適して、更に歯科医が調整して、セメントで歯に固定する。。。。などなど、小さな宮大工のような仕事を連携して行っているので、実際に時間がかかります。

インプラント治療などにおいても、すぐにインプラントを骨に埋入しても、最低2か月半は治癒を待たなければ型取りができませんし、場合によっては骨がない人に骨を作ってインプラント治療をするとなると、1年計画となる場合も多々あります。

なぜならば、というのは体の他の部分とは違い、自ら二度と修復できないもので歯科クリニックにおいて歯科医、衛生士、技工士チーム精密に修復していかなければならないから時間がかかるのです.

本日はここまでというこで。。。笑

 

費用に関しては、また詳しく後ほど掲載いたします。


南区で、歯科をお探しならモトキデンタルクリニックへどうぞ♫
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 医療法人徳治会 モトキデンタルクリニック | 記事URL

カレンダー

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料カウンセリング行っています お問い合わせは092-558-2884

新着情報

一覧を見る

2018/12/19

<年末年始の休診のお知らせ>
2018年12月28日(金)午後~2019年1月3日(木)まで休診です。
2018年12月28日(金)は13:00までの診療となります。

治療について



住所
〒815-0001
福岡県福岡市南区五十川
2-26-6
医療モールメディカルタウン五十川内
診療時間
月~土:9:00~13:00/
14:30~19:00
※木、土~13:00まで
休診日
木曜午後・土曜午後
日曜・祭日

お問い合わせ 詳しくはこちら